ふくらはぎの上げ下げだけでふくらはぎがスッキリ!

私は元も運動をしていたこともあって、結構引き締まった太ももをしていました。

 

しかし、仕事をするようになってすっかり運動もしなくなってしまったので、太ももが以前に比べると随分太くなってしまい、完全な下半身太りの体型になっていました。

 

今まで、すごく気に入って履いていたスキニーデニムが入らなくなってしまって、最近では、ゆったりとしたボーイフレンドデニムばかり穿いています。

 

パンツ類に関しては、気に入ったもののほとんどを買いなおさなければならなくなっていて、さすがに金銭的にももったいないので脚痩せを決意しました。

 

今まで履いていたお気に入りのスキニーデニムをいつかまたカッコよく穿くことを目標にして、脳にしっかり目標を焼き付けるように、そのデニムが似合っていたころの自分の画像を眺めながらイメージを膨らませています。

 

まずはやっぱり下半身太りの原因として考えられるのは、社会人になって運動をしなくなったことだと思うので、とりあえず体を動かすことから始めてみようと思いました。

平日は本当に全く運動をしません。仕事も座りっぱなしなので、下半身太りになるのも当然だと思います。

 

そう考えると、1週間のうちに5日間も昼間は座りっぱなしの状態なので、その期間を何とか攻略しないことには、いくら休日に頑張っても効率が悪いと考えるようになりました。

 

そこで、仕事中にイスに座りながらでもできる脚の運動をするようにしました。

 

やり方は誰でも思いつくし誰でもできることです。かかとをついて、つま先を上にあげるという簡単な動作です。

 

しかし、この簡単な動作が、意外な効果がありました。

 

ふくらはぎの運動によって筋肉がついたり、脂肪が燃焼したりしたわけじゃなくて、どうやら運動をすることでむくみが取れてふくらはぎが締まってきたのだと思います。

 

やっぱり下半身太りの原因は、結構な割合でむくみなんじゃないかと思いました。

 

でも運動のおかげでふくらはぎは引き締まったので、スカートを履くと太ももの太さはばれずにふくらはぎだけをみて細く見えるという錯覚を生み出すという意外な効果が表れたのです。

 

この程度の運動で効果があったのはうれしいのですが、太ももはまだまだ太いままなので、太ももに効く仕事中の運動方法を探して実行してみようと思います。