立ち仕事は足がむくむ

今の仕事がショップ店員なのですが、1日8時間勤務で3日連続の出勤が終わった日の夜、足がひどく浮腫んでるなぁと感じていました。

 

でもいつものことなので特に何もせずにそのまま寝たところ、次の日の朝、今まで普通に履けていたスキニーのふくらはぎから下の部分がとてもキツく感じたのです。

 

しかしその日は友だちと遊ぶ約束をしていたのでそののまま遊びに行ったのですが、家に帰ってきてからその日に撮った携帯の画像を見ると、友達と比べて明らかに脚が太く見えたのです。

 

今まで職場でこんなに太い脚をさらしていたのかと思うとすごく恥ずかしくて、同僚で気になっている男性に脚が太いなぁと思われているんじゃないかと不安になり、何とかしてむくみを解消したいと思うようになりました。

リンパの流れの悪さが原因

足のむくみを起こす原因に、リンパが深く関わっています。

 

足は重力の影響でリンパ液が溜まりやすい場所です。

 

リンパ液が流れるリンパ管には、逆流を防ぐための弁はあるものの、リンパ管そのものにはリンパ液を自力で流す機能を持ちません。

 

そのため、リンパ管の付近にある筋肉の動きや、皮膚の上から受ける何らかの圧を利用してリンパ液を押し流さなければならないのです。

 

一日中立ちっぱなしでの仕事や、長時間同じ姿勢で椅子に座った後などに、足がパンパンに膨れたり、朝には簡単に履けた靴が夕方には締め付けるほどきつくなったりなどが起こります。

 

これは重力の影響でリンパ液を足へ下降したものが、上半身へ向かって戻りきれずに溜まってしまい、むくみとなって現れる現象です。

 

ずっと立ったままや同じ姿勢で座ったまま足の筋肉をあまり使わない状態が長時間続くと、リンパ管に十分な圧がかからないため、リンパ液をうまく押し流すことができないまま、たくさんのリンパ液が足に溜まってしまうことが原因となるのです。

 

そのため、立ち仕事などの後にマッサージなどをして外側から刺激をしてリンパを押し流してあげると、むくみを改善することが期待できるのです。

おすすめのスパッツ

リンパの流れが悪いと言っても、仕事中に脚をマッサージすることはできないため、何かいいアイテムなどは無いかと調べていました。

 

そこで、私にピッタリだと思ったのが穿くだけでリンパマッサージ効果が得られるというスパッツでした。

 

参考サイト:リンパマッサージセルライトスパッツの口コミや美脚効果について

 

うちの職場はショップなので基本私服で働くため、レギンスやストッキングであれば穿いていても問題ありません。

 

そのため、ストッキングやレギンスのようなもので圧力をかけてリンパの流れを促進するようなものがぴったりだったのです。

 

実際に購入して仕事中に履き続けていますが、このスパッツのおかげで夕方になっても脚がパンパンになったり、だるくなるような症状がだいぶ軽くなり、以前ほどむくみの辛さや自覚症状が無くなってきたのです。

 

試しに家に帰ってスキニーを穿いてみたところ、以前はむくみできつくなっていたふくらはぎも、今では違和感なく履くことができるようになりました。